あなたの可愛いペットに合った補償内容と料金の選び方!

ペットに合わせて限度日数を変えてみよう!

ペット保険というのは、最適なプランが飼っているペットによって変わってくるんです。猫なのか犬なのかもそうですし、年齢によっても必要な補償は変わるんですよね。
プランをどうしようか迷った時に、まず見ておいた方が良いのが年間限度日数です。これは一年間に決まった日数が設けられていて、それを超えてしまうと補償が受けられなくなってしまうという物です。もし入院が30日までのプランに入っていた場合、30日分の補償を受けてしまうと、その後は保険金を受け取れなくなります。どの程度の日数が必要かは、ペットの年齢によって変えると良いです。まだ赤ちゃんなら長期入院する機会は少ないと思うので日数はそれほど要りませんし、高齢なら長期入院に備えて長めのプランに入るといった具合です。最初は少なめの物に入り、年齢を重ねたら限度日数が多い物に変えれば、保険料も節約できます。

特約にも注目して選ぼう!

ペット保険にはメインの補償以外に、特約をつけられるんです。これは基本的な補償では物足りない時、もっと充実した補償を受けたい時に利用するのがおすすめです。
ただ特約を多くつけてしまうと、その分保険料も上がってしまうので注意してくださいね。例えばペットがまだ若いうちは特約を少なめにしておいて、高齢になってきたら癌など特別な補償をつけると良いです。ペットも人間と同じように、年をとってくると様々な病気に掛かりやすくなります。どの病気に補償がきくかはプランによって変わるので、保障内容はしっかりと把握しておきましょう。高齢になるとなりやすい病気は、後々特約をつけるようにすれば、最初は保険料を安く抑える事ができます。